2016/07/22 13:55:22 |
慰謝料と言っても様々なものがありますが、中でも最近になって特に話題を集めているのが交通事故に関する慰謝料です。交通事故の被害者が加害者に請求をする慰謝料となり、満足の行く本来の金額で請求するためにも交通事故の慰謝料に関する内容は知っておくべきです。まず基本として、交通事故の慰謝料の多くは、加害者側が加入する保険会社を相手に請求することとなります。交通事故が原因で負った怪我の治療や物品の修理も含めてですが、加害者本人ではなく保険会社を相手に話を進めます。中には事故の程度が軽いと当事者同時で示談を進めてしまう場合がありますが、交通事故の怪我や症状は後から出てくることもあるため、当事者同士での示談は...
2016/07/22 13:55:22 |
お金の問題は何かとややこしくなるもので、特に貸し借りとなる借金に関しては様々な問題を引き起こします。貸金業者や信販会社、或いは銀行などから借りているキャッシングなどの借金も同様で、約束どおりに支払えなくなってしまえばトラブルの元となります。借金が払えなくなると自己破産しかないと考える方もいますが、実際にはそうではありません。払えない借金の解決を話し合いを元にして進める場合もあり、自己破産のように借金が無くなるわけではないものの、今よりも楽な返済プランで支払いを進める任意整理といった手続きも存在しています。任意整理は債権者と話し合いを行い、とりあえず借りた分だけは支払っていきたいが、今のままでは...
2016/07/22 13:55:22 |
違法な金利と違法な取り立てを行う闇金融は、一度でも借りてしまうとトラブルに巻き込まれることとなります。家族や会社、近所の方々へも迷惑がかかる可能性があり、お金に困ったとしても闇金融は利用してはいけません。闇金融で貸し付けるお金は僅か数万円で、数万円の借り入れなら返済も負担にならないと感じられるかもしれませんが、違法な金利となる闇金融への返済は法定金利の数十倍、それ以上となることもあります。借りたお金が2万円や3万円でも、返済を行うときには5万円や6万円となっているケースが珍しくありません。こんな高い金利での請求はとても払えるわけが無く、お金がなくて闇金融を利用してしまっているので、返済金の用意...
2016/07/22 13:54:22 |
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、比較的手軽に借りられる反面、金利が高くなっているのがデメリットです。高い金利で返済の負担が大きくなり、返済が苦しいからと借り入れを重ねてしまうと多重債務となり、返済が更に苦しくなってしまうのです。借金で借金を回すようなことをしていると、気が付いたときにはとても払えないような借金になっているということも珍しくありません。現在では貸金業者からの借金は原則として年収の3分の1までに制限されていますが、ギリギリのラインまで借り入れを膨らませてしまえば返済が苦しくなるのは当然です。そもそも年収の3分の1の借金総額というのは、それ以上に借りると返済ができなく...
2016/07/22 13:54:22 |
借金の返済ができなくなってしまったなど、お金のことで困ったら弁護士に相談をしてみるべきです。昔とは違い今では弁護士への相談もしやすくなっており、多くの弁護士事務所では相談は無料とするようになったため、話を聞きやすくなったのです。借金が払えなくなれば債務整理による解決を行うのが一般的ですが、債務整理と言っても様々な手続きがあるため、状況によってどの債務整理が適しているかを判断しなければなりません。個人でも債務整理は行えますが、果たして本当に自分にはその方法が合っているのかの判断がしづらいため、債務整理を行うなら弁護士へ相談をし、債務整理を進めてもらったほうが確実です。弁護士に依頼をするなれば費用...