話し合いでお金の問題を解決する方法

お金の問題は何かとややこしくなるもので、特に貸し借りとなる借金に関しては様々な問題を引き起こします。貸金業者や信販会社、或いは銀行などから借りているキャッシングなどの借金も同様で、約束どおりに支払えなくなってしまえばトラブルの元となります。

 

借金が払えなくなると自己破産しかないと考える方もいますが、実際にはそうではありません。払えない借金の解決を話し合いを元にして進める場合もあり、自己破産のように借金が無くなるわけではないものの、今よりも楽な返済プランで支払いを進める任意整理といった手続きも存在しています。

 

任意整理は債権者と話し合いを行い、とりあえず借りた分だけは支払っていきたいが、今のままでは返済ができない、他にも借り入れ先があるから少し返済のプラについて考えさせてほしいと持ちかけるものです。簡単に聞こえますが実際には面倒なもので、債権者側としては当初の予定通りの入金が期待できないため、素直に応じるとは限らないのです。

 

また、任意整理では「借りた分のお金は支払う」といった内容を含む場合がほとんどのため、利息に関しては免除をしてもらうように持ち掛けます。つまり、債権者としては貸したお金だけは何とか返ってきそうなものの、利息の儲けは一切ないデメリットしかない内容となってしまうのです。

 

そこを妥協してでも任意整理に応じてくれるかは話し合いの進め方次第となるので、多くの債権者相手でもスムーズな話し合いが期待できる弁護士での任意整理を依頼したほうが確実です。