慰謝料の金額で折り合わないなら相談を

慰謝料と言っても様々なものがありますが、中でも最近になって特に話題を集めているのが交通事故に関する慰謝料です。交通事故の被害者が加害者に請求をする慰謝料となり、満足の行く本来の金額で請求するためにも交通事故の慰謝料に関する内容は知っておくべきです。

 

まず基本として、交通事故の慰謝料の多くは、加害者側が加入する保険会社を相手に請求することとなります。交通事故が原因で負った怪我の治療や物品の修理も含めてですが、加害者本人ではなく保険会社を相手に話を進めます。

 

中には事故の程度が軽いと当事者同時で示談を進めてしまう場合がありますが、交通事故の怪我や症状は後から出てくることもあるため、当事者同士での示談は進めるべきではありません。加害者側が当事者同士で進めたいと持ちかける場合でも応じるべきではなく、交通事故の被害にあったら警察に連絡をするようにしましょう。

 

保険会社を相手に進める話の中で、ある程度の事故の状況が分かると支払う慰謝料の金額を保険会社が一方的に算出します。場合によっては慰謝料が無いとするケースもあり、被害者になってしまったのに慰謝料が得られない可能性があるのです。

 

これは保険会社の懐事情が関係しており、基本的に保険会社は多くのお金を払いたくないので、怪我の治療費は仕方ないとしても慰謝料に関しては限りなく少なく提示をしてきます。そのまま納得をしてしまうと被害者が損をするので、しっかりとした金額で慰謝料を請求するためにも弁護士に任せる交通事故の慰謝料請求を進めておくべきです。

 

お金に関わることであれば多くの内容を弁護士では扱ってくれるので、交通事故の被害者となってしまった方も示談を行う際には弁護士への相談、依頼を進めておくと良いでしょう。